「私見(子育て関連)」の記事一覧(2 / 3ページ目)

『子どもの心のコーチング』 お勧め子育て本 [菅原裕子] 子供に何を残せるか。。。

136PV

私見(子育て関連)

2011年3月に起きた、東日本大震災。
震災後、不安なニュースが多い。

ママが、SORAが産まれた時からいつも心掛けていること。
いつSORAと別れることになったとしても、後悔しない育児。

明日、SORAは死ぬかもしれない。
いや、ママが、パパが、SORAを残して死ぬかもしれない。
残されたSORAの心に、何をママが残してあげられるか、それは、今しかできないこと。

福島の原発での放射能漏れのこと、近く起こるかもしれない東海地震で浜岡原発は大丈夫なのか、首都直下型地震の心配。。。
心配事はつきない。

だけど、いつもその心配をしているばかりでは、生きていけない。
生活ができない。
だから、過剰に怖がったりはせずに生活をする。

だけど、絶対に心掛けている。
いつ、SORAと別れても、後悔しない。
それは、悲しまないとか寂しがらないとか、そういう意味ではない。
ただ、残されるのがSORAだったとしてもママだったとしても、その残されたほうがちゃんと前を向いて生きていけるような生き方を「今していたい」という強い想い。

愛・母と子

——

育児の本、色々読んでいます♪
そんな本のなかでも、特にお勧めしたい本をご紹介します。

『子どもの心のコーチング』 という本です。
「コーチング」なんていうと、「子供が小学生くらいになってからかしら?」「まだ早いかしら?」なんて思うかもしれませんが、早くないです!
是非、お子さんがまだ小さいうちに読むことをお勧めします。

coching.jpg

●ヘルプは「できない」人のために、その人にかわってやってあげること。
サポートは人を「できる」存在ととらえて、そばで見守り、よりよくなるために必要なときには手を貸すこと。
●禁止語を言わないために、子供の動きを規制しなくてもいいような環境をつくりましょう。
●人が生きていくうえで最も大切な感情が「自己肯定感」です。
自己肯定感は、人生の初期に、自分を保育してくれる人たちに愛されることによって身につけることのできる感情です。
●もし、叱ることに効果があるとしたら、それは命にかかわることを教えるときです。
誰かを傷つけそうなときも同じです。
それ以外では、子供を叱ることは、害こそあれ何もいいことはありません。
なぜ、親は叱るのでしょう。
実は、親は叱っているのではなく、怒っているのです。
まず、自分が自分の都合で怒っていることに気づきましょう。
●「人の役に立つ喜び」を教えることができれば、マナーの内容を逐一言って聞かせる必要はありません。
「人の役に立つ」というのは、副作用のない動機づけであり、すべてのマナーの基本です。
これに対し、ほめられて動く種を植えられた子は、ほめられるという見返りがないと動きません。
●人は本来、人の役に立ちたいと願っています。
ほめることや叱ること、物やお金でつることは、人の役に立ちたいという願いを殺してしまうことになります。
●親の仕事は、子どもがいずれその才能を開花させることができるよう、最高の環境を整えてあげること。
それが「愛すること」「責任」「人の役に立つ喜び」を教えることです。
●ヘルプする親のヘルプの先にあるものは、子供の幸せではありません。
ヘルプする親は、子供から、自分で考え、管理し、選択し、成し遂げる喜びを奪っていることに気づいていません。
それらの喜びは子供に属するべきものです。
もし親が喜びを求めるなら、それは親自身の人生でつくらなければなりません。
●親にも「パラサイト」と呼べる人がいます。
子どもをヘルプし、子どもに人生に過剰に干渉し、そうすることで自分の人生を充実させようとするのです。
子どもには子どもの人生があります。
その人生を生きるよう、子どもは才能を授かってきています。
親には親の人生があり、親自身は才能を生かして、自分の人生で自己実現を図ることができます。
人は何歳になろうと、その人なりのやり方で自分の日々を輝かせることができます。

要点、いくつかピックアップしてみました。(ピックアップしすぎ??)
中身の濃い本デス (p ・ω・ q)
是非、読んでみてください♪

『Amazonでも購入できます。』

こちらをクリック☆こちらをクリック☆

親は子供から自立し、子供もいずれ親から自立しなければなりません。
子供の心に「自己肯定感」を育ててあげること。
子供を「できる」存在ととらえて、そばで見守り、自立のために最大限のサポートをしてあげること。
それがいま、SORAにしてあげたい1番のことなのだなと、私はこの本で、認識することができました

[個別ページへ]


「お友達を叩く子」☆親はどうすれば?対策を考える☆ [タイムアウト]

330PV

私見(子育て関連)

いつもにニコニコと愛嬌を振りまいている我が子に限って、「お友達を叩いてしまう」という問題で悩むことになるとは、私は、思いもしませんでした (´・_・`)

ウチの子に限っては。(よくあるやつ…)

しかし、調べてみると、 3才くらいまでの間には、そういう問題を起こす子供は多い らしいんです。
なんと、問題を起こさない子供の方が多い!というくらい w(゜o゜)w

 

SORAがどんな時にどんな風に、お友達を叩いたのかというと、お友達と遊べる状況になり、嬉しくて興奮状態になって、バシバシ。

楽しそうに笑いながらバシバシ。(かなり力は強く、ときには、おもちゃで叩いてしまうことも!)

私が「コラッ」と怒ると、ケラケラと笑う。 または、ふいっとソッポを向いて目を合わせようとしない。

酷い時には1回/1分のペースで叩いてましたから、そのペースで叱り続けなければならず、私は当時、精神的にヘトヘトでした。

事情があって、同じ屋根の下で連泊でお友達と過ごさなければならなかったりした時期だったので。。。

ネットでだいぶ検索をして、対策を考えました。

 

私が調べた多くのサイトで書かれていたのは、「叩くことで、叩くことが悪いということを教えることはできない」 ということでした。
そういえば、以前に読んだノーバディーズパーフェクトのテキストにもそのように書いてありました。その頃にはまだ「何のことやら…」といった感じでしたが。

 

自分の子がお友達を叩いたとき、それまで 「うちの子に限って」 と思っていた方は、もしかすると、チョットしたパニックに陥るかもしれません。
私がそうでした。

 

・ 怒っても、ケラケラと笑うだけで言うことをきかない。
・ または、ふいっとソッポを向いて目も合わせようとしない。
・ それで1分に1度のペースでお友達を叩きつづける。
・ お友達は泣いてしまっている。叩かれた側の親は怪訝な顔をしている。
・ 事情があって、その場から離れることができない。

 

こんなことが重なると、パニックになって、つい手をあげて我が子を叩いてしまいそうになりませんか?

でも、ちょっと待ってください!

「叩くことで、叩くことが悪いということを教えることはできない」 のが何故なのか、考えてみませんか?

たぶん、「叩かれたら痛い」 、子供は、元々そんなこと分かっているんです。

だから、親がわざわざ頭を叩いて

 

「痛いでしょ! ●●ちゃんも痛かったんだよ。 だから叩いちゃいけないんだよ!」

 

としても、「気づき」が無いのではないでしょうか?

 

 

泣き顔・叩く子
 

 

実は、私も自分の子供の頭を叩いて

 

「痛いでしょ! ●●ちゃんも痛かったんだよ。 だから叩いちゃいけないんだよ」

 

というのを、相手のお母さんの手前もあって、何度かやりましたが、効果はなかったです。

 

そもそも、「自分が痛いこと = 相手も痛いこと」 を、ちゃんと理解できる年齢に達していないんです。

ひとの痛みを自分のことのように感じられる力を身につけるというのは、簡単なことのようで、案外難しいこと。

脳の発達が不可欠で、前頭葉と側頭葉のエリアに、共感や自制に関係する部位が有るようです。

大人でも 「ひとの痛み」 をわからない人はとても多く、だから、いつの時代でもイジメや犯罪があります。

「ひとの痛み」 というものは、月日をかけて、親も含めた沢山の人とのふれあいや経験の中で、少しずつ身につけていくもの。

とてもとても、親が数回叩いたくらいでは…

 

そうは言っても、叩かれた側の親の手前、たとえ演技でも我が子を叩いて叱った方がよいのではないかと思ってしまうこともあるかもしれません。

実際、まったく我が子を叩こうとしない親は、悪く言われてしまうことが、残念ですがあります。

一度、試してみたらよいと思います。 効果があるのか、ないのか。

SORAの場合、私がそれをしたら、

 

「どうして叩くの?」

 

と涙をにじませて私を見つめてきたものです。

そのうえ、

 

「ママが、叩いた!」

 

と騒ぎ出す始末。

「●●ちゃんも痛かった、ということを教えたかったんだ」 と話して聞かせようとしても、全く耳に入らない様子でした。

本当に、意味のないことをしたと思いました。

叩いた側の親が、叩かれた側の親の手前、叩きたいのなら、やったらいいでしょうが、それで叩くのをやめるかといったら、効果は期待できないと思います。

 

いいやり方がありました!

SORAは、これをやっただけで、全く叩かなくなりました。

回数にして5回ほど。日にちにして、ものの3日です。

これまで、SORAが友達を叩きつづけて、悩んでいた期間は2ヶ月ほど。(この間、程度の波はありましたが。)

 

効果があったのは、 「叩いたら即、お友達から離す。」 という、シンプルなやり方 でした。

SORAの場合、お友達と遊べるのが嬉しくて叩いてしまうという傾向が強かったこともあり、 「お友達と離される」 ということが耐えがたい辛さだったようで、効果がテキメンでした。

 

子供が嫌がれば、

 

「叩いたらもう遊べないんだよ!」

 

と繰り返します。

 

「叩かないで仲良く遊べる? 約束できる?」

 

と約束をして、私の場合は、約5分後に元の場所に戻しました。

(のちに、本「ハッピーアドバイス」で読んだ内容によれば、時間は 「年齢と同じくらい」 が適当なようです。3才なら3分が目安。)

また、たとえ偶然でも叩かないでいられたとき、

 

「叩かないで仲良く遊べたね。 えらかったネ☆」

 

と褒めることも、並行してやりました。

参考にしたのは、こちらのブログ記事です。(はなこ様、どうもありがとうございました☆)

こちらをクリック☆

 

叩いたりと、手が多く出る子は、もともと 「人と関わりたい」 という気持ちの強い子で、手を多く出した分 「それ」 に対する人からの反応を多く受けているわけで、将来、人との距離間をうまくとれる人になるという専門家の話もあります。

叩いてしまい悩んでいる側の親御さんが、安心するような書き方を敢えてするとすれば、 「子犬どうしがじゃれあって ‘ 噛みつき遊び ’ をする」 のに似たようなものではないでしょうか。

( 子犬の噛みつきも、最初のうちは加減ができないので、相当、痛いものですが、だんだんと加減ができるようになり、上手にお友達と遊べるワンちゃんになっていきます。)

シツケができていないとか、必ずしもそういった 「原因のある」 特別なものではなく、誰しもが通るかもしれない道なんだと思います。 「しつけ不要」 という意味ではありませんが。

運悪く?叩くようなことになってしまったら、私は、 「タイムアウト」 を使ったシツケを、即行うことをお勧めします。

私自身が、 「我が子がお友達を叩いてしまう」 ことで、当時、かなり凹んで悩んだので、敢えてこういう言葉 (子犬どうしが~) を使わせていただきました。

いつかおさまりますから、安心してください(^ー^)

 

 

egao.gif
 

 

 

(追記:2011/08/29)

「叩くことで、叩くことが悪いということを教えることはできない」 これは、多くの育児本に書かれていることです。

育児本 『忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス』 にも、この点については書かれています。

もしも、 「パパに一言申したいが、自分の言葉でうまく伝えることができない。。。」 と思っている人がいたら、この本 『忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス』 をパパに読んでもらっては?

 

 

 

 

 

 

わたしは、この本のタイトルも気に入っています♪

「忙しいパパのための」 という言葉から、「いつもお仕事を頑張っているパパ。忙しいだろうけど、この本、ちょっと読んでみて」という、パパへの敬意が感じられます (*´ω`*)

四コマ漫画で説明されているので、忙しい中でも、さらっと読んでもらいやすいかと思います。

 

この本では 「タイムアウト」 という、体罰に頼らないペナルティの方法があることに(少しだけ)触れていますが、上記で私が紹介した方法も、 「タイムアウト」 にあたる方法だと思います。

 

「タイムアウトとは、警告しても許しがたい行動を続けたとき、決まった時間 (一般的には年齢と同じ時間。3才なら3分) だけ、決まった場所にいさせること。」

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

< 叩くことについて >

「暴力はいけません」 と教えていながら、暴力で争いを解決する方法を教えているのと結果は同じことです。

子どもは、相手が間違っていると思ったら、叩きに行きます。

その結果、手を出すことが多くなります。

体罰でなくてもしつけは可能です。

『忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス』 より抜粋

 

gochin.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 


[プレーパークのススメ] 天野秀昭先生 講演会 「子どもの根っこは遊びで育つ」

203PV

私見(子育て関連)

浦和で行われた、講演会「子どもの根っこは遊びで育つ」 に行ってきました!


amanosan1.gif
amanosan2.jpg

天野秀昭先生: 日本で最初のプレーリーダー。
「自分の責任で自由に遊ぶ」冒険遊び場づくりに30年以上携わっている。
また、18才までの子ども専用電話「チャイルドライン」を日本で初めて立ち
上げる。現在、大正大学「のびのびこどもプロダクトコース」特命教授。

による講演会でしたが、話を聞き始めて、ものの10分で引き込まれ、

「来てよかったー。サークルのみんなにも聞いてもらいたい!行政担当者にも聞いてもらいたい!」

と、心がざわざわしはじめました

講演会に申しこんだのは、近くの別所沼公園で毎月ひらかれている「よちよちパーク」にて、受付にいた「種の会」の会員さんから

「これ、すっごく面白いから、よかったら行ってみて」

と、チラシを渡されたのがきっかけ。
私が「よちよちパーク」にはじめて行ったときのことでした。
その方の「すっごく」がどうにも胸にひっかかり、普段、講演会といえば無料のもの専門の私でしたが、ついつい重いはずの腰をひょいとあげてしまった次第です。(たかが500円で大袈裟ですね。。。スミマセンm(_ _)m

でも、よかった!
本当に、全国のママ・パパ・行政担当者に、聞いてもらいたい!内容でした。
私のつたない文章で、とうていお伝えできる内容ではありませんが、備忘録も兼ねて概要を書かせていただきます。

——————————————————————————

◯ ひとは、他の生物と比較し、非常に広い範囲に分布している。
ひとが非常に未熟な状態で産まれてくる理由。
それは、その環境に適応するかたちで、産まれて以降に体がつくられていくということ。
2才くらいまでに自律神経系ができる。
屋内でエアコンをきかせた生活(空間を人間側に合わせる)ばかりしていると、自律神経系が使われず、
風邪などに対する抵抗力やストレスへの対応力がつかない。
屋外で子供を遊ばせることの重要性。
◯ 冒険遊び場発祥地のデンマークは、非常に寒い地域ですが、氷点下10度を超えない場合は、外で子育てするのが標準。
◯ 「心が折れるくらいなら、骨が折れる方がマシだ」(と言った方がいます。)
日本の大人は、骨を折ることにはとても神経質。そして心は平気で折っている。
それが日本の、安心・安全。
◯ 「鬼ごっこ」これは遊びですが、でもそれが強制であったら、その子にとってそれは遊びではない。
遊びとは、「やってみたい」という動機があるもので、「やってみたい」がなければ、それは遊びではない。
「やってみたい」とは、その人の世界が外側に出てきたもの。
◯ みんなと遊べないとダメというのは間違い。
1人でしか共有できない遊びであれば1人でもいい。
みんなと遊べる環境に置いてあげ、その上で本人に選択させる。
◯現在、少子化で、子供から見ると大人が多すぎる環境。
昔は、子供が圧倒的に大人の目からエスケープして遊んでいた。
大人は、ツボだけ押さえてあとはやむおえないといった環境。そして、子供の中には「ガキ大将」がいた。
子供は子供社会の中に、小さい時から入っていた。
◯ 「やってみたい」からはじめることには「やーめた」もあり。それが、遊び。
やり遂げる必要なんていうのは全くなし。
「やり遂げる」という価値観や根気を育てるのは、教育。
遊びに目標設定は、あってもいいけど、重要ではない。
落とし穴を掘っていたら、土器のようなものがが出てきた?
竹とんぼを作ろうとしたら、おでんの串が出来あがった?
左右が対象ではない竹トンボだって、ちゃんと飛ぶ。削って薄くし、左右の重ささえ同じにすれば、ちゃんと飛ぶ。
正解は1個ではない。
「ま、いっか」が遊びの真髄。失敗に対する適応力がつく。
「やり遂げる」ばかりでは、子供は、失敗することを恐れ、失敗しないように生きるようになる。
それでは不意打ちをくらったときに、自分で道を切り開いていけない。
◯ 子供は、自分を育てようとする力を持っている。
その力をもっと信じなければならない。
◯教育とは、大人が評価の軸をもっている。遊育は、子供が評価の軸をもっている。
プレーパークでは、大人は何もしない。ただ、子供に「やってみたい」と思わせる仕掛け(配置の仕方など)を用意するだけ。
プレーリーダーが、子供からちょっと離れたところで「何か」をやっていると、子供が「教えて!」と寄ってくる。
「教えてあげる」ではなく「教えて!」と言ってくるのを待つ。
◯ 園というのは、大人の都合で子供の主体を四六時中無視することができる環境。
全児童対策(全児童を園に入れさせる)という政策で、子供が、自分が主体なんだと実感するチャンスが失われつつある。子供の主体ののっとり。
不快な状態が続くと、人間の感情・気持ちというのは、壊れてしまう。
だから子供は、相手の求める自分になり、主体を渡そうとする。
子供には、「誰が自分の命を握っているか」をいち早く見分ける能力がある。
感情を抑え、快も不快も我慢ができるようになってしまう。
そうなると、本人にとって、生きている実感がものすごく乏しい。
やりたいことをやらない。無感動。無関心。
関心さえ持たなければ、心は動かない。
そうしなければ生きてこれなかった。そういう子供が今、増えている。
◯ 昔も、(子供の主体を無視し)コントロールしようとしてはいたが、子供が多かったのでなかなかできなかった。
今は少子化で大人が多く、コントロールができてしまうので、危ない。
◯ プレーパークでは、親だからできないこと、それをプレーリーダーがやってくれる。
子供がもっと広い社会に早くから触れられるように。
親だから聞けない話というのもいっぱいある。
子供にとって、親以外、外で相談できる人をどれだけ増やすか。
斜めの関係を作っていく。預けたり、預かったり。
親自身が、我が子以外の子をいっぱい知ること。

元気な子供
——————————————————————————

上記、講演会を聞きながらの私の「走り書き」ですので、間違っているところがあるかもしれません。
概要を伝えるために、書いたものです。そのつもりで読んでください。すみません。。。

天野秀昭先生の講演会がお近くで開催されるようであれば、是非行って、直にお話を聞いてみてください
例を交えて楽しく話してくださるので、胸にスッと入ってきます。
講演会の後、外の椅子で、先生がお弁当を食べながら質問に答えてくださる時間がありました。
緊張しながら話しかけてみましたが、SORAのこともあやしてくださり、とても温かい方でした(*^-^*)

本当に、こういうことを大人(親)に教えてくださる方が、日本にはもっと必要だと思います。
聞けばスッと胸に入ってくる内容でも、実際にわかっていない大人(親)は多いと思います。

お問い合わせは、こちらまで。

<日本冒険遊び場づくり協会 ホームページ>
こちらをクリック☆こちらをクリック☆
ついつい、熱くなってしまいました!
でも、日本にはこういった冒険遊び場がもっともっと必要だし、その必要性も、もっと認知されていかなければならないと思います。
お近くにプレーパークがない方は、是非、これからの子どもたちのために一歩を踏み出してください。
日本が変わるかも!しれませんよ。

(追記:2011/08/29)

昨日、プレーパークの夏祭りに行ってきました
プレーパークの雰囲気が伝わるかな~?
画像をアップします。

パン生地を50円で購入。
(夏祭りのイベント「あそぼうパン」です。
普段のプレーパークでは、「自分で焼きたいものを持参&勝手に焼いてネ」というシステムです。)
生地を竹に巻きつけて、直火で焼きました。
大体、10~15分くらいで出来上がるよう。

あそぼうパン
pan1.jpg
出来上がったパンは、香ばしくてものすごく美味しかった!
あまりの美味しさに、感激してしまいました☆

pan2.jpg
コンビカーやリアカーなども、自由に使えます。
(普段の公園では、お友達のおもちゃを勝手に使って叱ったり、知らない子にいつの間にか使われていたりして、ママは必要以上に神経質になっていませんか?)
プレーパークでは、皆、思い思いに遊んでいますよ。

あとは定番の泥んこ遊び♪
自然物、特に、水・砂・土(泥)を使った遊びというのは、子ども達の心身を開放し 「本来の自分」 を表に出しやすくしてくれるようですよ。

doroasobi.jpg
タイヤブランコも、面白かったですよ~。
このブランコ、前・後ろだけでなく、弧をえがいて回るんです!
こんな危険なの、公園にはなかなか設置されていませんよ~(笑)
小学生くらいの子達は、立って乗り、
子供同士ですっごいハードな遊び方をしていました Σ(゜Д゜ノ)ノ

( 後方には「流しそうめん」をしている方がいますね~ (*´艸`*)

taiya.jpg
[個別ページへ]



ページの先頭へ