「私見(子育て関連)」の記事一覧(2 / 3ページ目)

誰かの[辛] を[幸]に変えるのに必要な勇気

304PV

私見(子育て関連)

Facebookで 「母親を失い心を閉ざした少年を救った先生」 というタイトルの動画へのリンクがありました。

動画を見て、この先生、素晴らしいなと思いました。動画はもちろん再現ですが、実話だそうです。

 

 

「母親を失い心を閉ざした少年を救った先生」
https://www.youtube.com/watch?v=Wo1mMML1MOE

動画

 

 

実はちょうど同じ日に、Facebookで  「ゴルゴ松本が少年院で行った漢字の授業」 という動画へのリンクがあり、そちらを先に見ていたので、両方の動画の内容が自分の中でリンクしたんですが、「あぁーまさに、先生の一助がこの子の [辛] を [幸] に変えたんだなー」と思いました。

 

[辛] と [幸]は、ほんとうに不思議なほど形が似ています。違うところは、横線ひとつですね。

[幸]でも、何かひとつ欠けただけで、ガタガタと崩れるように、そして何もかもが終わってしまったかのように、[辛] になってしまったり、逆に、誰かの小さな一助によって、他の誰かの[辛]が、パッとひらけたように[幸]に変わったりすることもあるんだと思います。小さな一助、横線ひとつで。

 

もし目の前に何らかの [辛] を抱えた子がいたとして、手を差し伸べてあげようかどうしようか、ちょっと迷う…

今、手を差し伸べることはできるかもしれないけれど、ずっと面倒を見続けることはできないんだから、自分が中途半端に手を差し伸べるべきではないんじゃないか、なんて考えてしまうかもしれない。

その子の中に潜む、あまりに大きな闇を前にして、「そんなに簡単に解決する問題ではない」と、ハナから諦めてしまうかもしれない。

手を差し伸べることで、自分自身が周りからどう思われるか? 自分自身が被害を被ることになったりしないか? 保身も考えるかもしれない。

「なにも自分がしなくても、他の誰かが…」と、都合のよい逃げ道を自分で作ってしまったりとか…

 

でも、もし通りすがりだったとしても、この動画の先生のように「クラスで1年しかもたない子」だったとしても、誰かがその子のために手を差し伸べてあげたとしたら、もしかするとその子は、その小さな一助を希望と支えにしながら、その先の人生、前を向いて歩いていけるかもしれない。

与えられることに慣れている人にとっては、横線ひとつくらい貰ったところで、「何てことない」ものなのかもしれないけれど、そうでない人にとっては、その横線ひとつが、涙が溢れるほど嬉しかったり、運命を変えるきっかけになったり、するかもしれない。

自分の感覚で考えるのではなくて、あくまでその子の立場になって、今自分が迷っている一助の重みを考えてみたら、もしかすると、その意義に気づけるかもしれない。

 

家庭内での虐待や学校内での苛めが問題になっていますが、最悪の事態になってから、

「虐待されていることには(苛められていることには)、気づいていた」

などと周囲の人達が口にするのを、TVなどで目にすると、

「どうして、誰もあの子を助けられなかったんだろう…」

と悲しく思います。

見て見ぬふり…

自分の一助がその子にとって大きな助けになるかもしれないと、誰も思わなかったのか…

「無視」もひとつの苛めの形。

子どもの心から希望を奪う。

 

誰かの[辛] を[幸]に変えることは、そうそうできることではないのかもしれませんが、

(助けるのには勇気が要るし、それに、全ての助けが必ずその子を[幸]に変えるとは限らないから)

こういう動画のようなことも実際にあるんだな、素晴らしいな、と思い、涙ながらに見ました。

自分もなにかの時、手を差し伸べてあげられるようでありたい。

こういうことは、言うのは簡単でも、実はその場になると、思いのほか勇気が必要だったりするのかもしれないけれど。

 

因みに、 「ゴルゴ松本が少年院で行った漢字の授業」 の方も、涙ながらに最後まで見ました。

1日でyoutubeでどんだけ泣くんじゃ。

いい動画です☆

 

※ ゴルゴ松本さんの動画は、現在、削除されています。残念ですが、著作権の問題みたい。機会があれば、どこかでご覧になってみてくださいネ。

 


『子どもの心のコーチング』 お勧め子育て本 [菅原裕子] 子供に何を残せるか。。。

181PV

私見(子育て関連)

2011年3月に起きた、東日本大震災。
震災後、不安なニュースが多い。

ママが、SORAが産まれた時からいつも心掛けていること。
いつSORAと別れることになったとしても、後悔しない育児。

明日、SORAは死ぬかもしれない。
いや、ママが、パパが、SORAを残して死ぬかもしれない。
残されたSORAの心に、何をママが残してあげられるか、それは、今しかできないこと。

福島の原発での放射能漏れのこと、近く起こるかもしれない東海地震で浜岡原発は大丈夫なのか、首都直下型地震の心配。。。
心配事はつきない。

だけど、いつもその心配をしているばかりでは、生きていけない。
生活ができない。
だから、過剰に怖がったりはせずに生活をする。

だけど、絶対に心掛けている。
いつ、SORAと別れても、後悔しない。
それは、悲しまないとか寂しがらないとか、そういう意味ではない。
ただ、残されるのがSORAだったとしてもママだったとしても、その残されたほうがちゃんと前を向いて生きていけるような生き方を「今していたい」という強い想い。

愛・母と子

——

育児の本、色々読んでいます♪
そんな本のなかでも、特にお勧めしたい本をご紹介します。

『子どもの心のコーチング』 という本です。
「コーチング」なんていうと、「子供が小学生くらいになってからかしら?」「まだ早いかしら?」なんて思うかもしれませんが、早くないです!
是非、お子さんがまだ小さいうちに読むことをお勧めします。

coching.jpg

●ヘルプは「できない」人のために、その人にかわってやってあげること。
サポートは人を「できる」存在ととらえて、そばで見守り、よりよくなるために必要なときには手を貸すこと。
●禁止語を言わないために、子供の動きを規制しなくてもいいような環境をつくりましょう。
●人が生きていくうえで最も大切な感情が「自己肯定感」です。
自己肯定感は、人生の初期に、自分を保育してくれる人たちに愛されることによって身につけることのできる感情です。
●もし、叱ることに効果があるとしたら、それは命にかかわることを教えるときです。
誰かを傷つけそうなときも同じです。
それ以外では、子供を叱ることは、害こそあれ何もいいことはありません。
なぜ、親は叱るのでしょう。
実は、親は叱っているのではなく、怒っているのです。
まず、自分が自分の都合で怒っていることに気づきましょう。
●「人の役に立つ喜び」を教えることができれば、マナーの内容を逐一言って聞かせる必要はありません。
「人の役に立つ」というのは、副作用のない動機づけであり、すべてのマナーの基本です。
これに対し、ほめられて動く種を植えられた子は、ほめられるという見返りがないと動きません。
●人は本来、人の役に立ちたいと願っています。
ほめることや叱ること、物やお金でつることは、人の役に立ちたいという願いを殺してしまうことになります。
●親の仕事は、子どもがいずれその才能を開花させることができるよう、最高の環境を整えてあげること。
それが「愛すること」「責任」「人の役に立つ喜び」を教えることです。
●ヘルプする親のヘルプの先にあるものは、子供の幸せではありません。
ヘルプする親は、子供から、自分で考え、管理し、選択し、成し遂げる喜びを奪っていることに気づいていません。
それらの喜びは子供に属するべきものです。
もし親が喜びを求めるなら、それは親自身の人生でつくらなければなりません。
●親にも「パラサイト」と呼べる人がいます。
子どもをヘルプし、子どもに人生に過剰に干渉し、そうすることで自分の人生を充実させようとするのです。
子どもには子どもの人生があります。
その人生を生きるよう、子どもは才能を授かってきています。
親には親の人生があり、親自身は才能を生かして、自分の人生で自己実現を図ることができます。
人は何歳になろうと、その人なりのやり方で自分の日々を輝かせることができます。

要点、いくつかピックアップしてみました。(ピックアップしすぎ??)
中身の濃い本デス (p ・ω・ q)
是非、読んでみてください♪

『Amazonでも購入できます。』

こちらをクリック☆こちらをクリック☆

親は子供から自立し、子供もいずれ親から自立しなければなりません。
子供の心に「自己肯定感」を育ててあげること。
子供を「できる」存在ととらえて、そばで見守り、自立のために最大限のサポートをしてあげること。
それがいま、SORAにしてあげたい1番のことなのだなと、私はこの本で、認識することができました

[個別ページへ]


「お友達を叩く子」☆親はどうすれば?対策を考える☆ [タイムアウト]

462PV

私見(子育て関連)

いつもにニコニコと愛嬌を振りまいている我が子に限って、「お友達を叩いてしまう」という問題で悩むことになるとは、私は、思いもしませんでした (´・_・`)

ウチの子に限っては。(よくあるやつ…)

しかし、調べてみると、 3才くらいまでの間には、そういう問題を起こす子供は多い らしいんです。
なんと、問題を起こさない子供の方が多い!というくらい w(゜o゜)w

 

SORAがどんな時にどんな風に、お友達を叩いたのかというと、お友達と遊べる状況になり、嬉しくて興奮状態になって、バシバシ。

楽しそうに笑いながらバシバシ。(かなり力は強く、ときには、おもちゃで叩いてしまうことも!)

私が「コラッ」と怒ると、ケラケラと笑う。 または、ふいっとソッポを向いて目を合わせようとしない。

酷い時には1回/1分のペースで叩いてましたから、そのペースで叱り続けなければならず、私は当時、精神的にヘトヘトでした。

事情があって、同じ屋根の下で連泊でお友達と過ごさなければならなかったりした時期だったので。。。

ネットでだいぶ検索をして、対策を考えました。

 

私が調べた多くのサイトで書かれていたのは、「叩くことで、叩くことが悪いということを教えることはできない」 ということでした。
そういえば、以前に読んだノーバディーズパーフェクトのテキストにもそのように書いてありました。その頃にはまだ「何のことやら…」といった感じでしたが。

 

自分の子がお友達を叩いたとき、それまで 「うちの子に限って」 と思っていた方は、もしかすると、チョットしたパニックに陥るかもしれません。
私がそうでした。

 

・ 怒っても、ケラケラと笑うだけで言うことをきかない。
・ または、ふいっとソッポを向いて目も合わせようとしない。
・ それで1分に1度のペースでお友達を叩きつづける。
・ お友達は泣いてしまっている。叩かれた側の親は怪訝な顔をしている。
・ 事情があって、その場から離れることができない。

 

こんなことが重なると、パニックになって、つい手をあげて我が子を叩いてしまいそうになりませんか?

でも、ちょっと待ってください!

「叩くことで、叩くことが悪いということを教えることはできない」 のが何故なのか、考えてみませんか?

たぶん、「叩かれたら痛い」 、子供は、元々そんなこと分かっているんです。

だから、親がわざわざ頭を叩いて

 

「痛いでしょ! ●●ちゃんも痛かったんだよ。 だから叩いちゃいけないんだよ!」

 

としても、「気づき」が無いのではないでしょうか?

 

 

泣き顔・叩く子
 

 

実は、私も自分の子供の頭を叩いて

 

「痛いでしょ! ●●ちゃんも痛かったんだよ。 だから叩いちゃいけないんだよ」

 

というのを、相手のお母さんの手前もあって、何度かやりましたが、効果はなかったです。

 

そもそも、「自分が痛いこと = 相手も痛いこと」 を、ちゃんと理解できる年齢に達していないんです。

ひとの痛みを自分のことのように感じられる力を身につけるというのは、簡単なことのようで、案外難しいこと。

脳の発達が不可欠で、前頭葉と側頭葉のエリアに、共感や自制に関係する部位が有るようです。

大人でも 「ひとの痛み」 をわからない人はとても多く、だから、いつの時代でもイジメや犯罪があります。

「ひとの痛み」 というものは、月日をかけて、親も含めた沢山の人とのふれあいや経験の中で、少しずつ身につけていくもの。

とてもとても、親が数回叩いたくらいでは…

 

そうは言っても、叩かれた側の親の手前、たとえ演技でも我が子を叩いて叱った方がよいのではないかと思ってしまうこともあるかもしれません。

実際、まったく我が子を叩こうとしない親は、悪く言われてしまうことが、残念ですがあります。

一度、試してみたらよいと思います。 効果があるのか、ないのか。

SORAの場合、私がそれをしたら、

 

「どうして叩くの?」

 

と涙をにじませて私を見つめてきたものです。

そのうえ、

 

「ママが、叩いた!」

 

と騒ぎ出す始末。

「●●ちゃんも痛かった、ということを教えたかったんだ」 と話して聞かせようとしても、全く耳に入らない様子でした。

本当に、意味のないことをしたと思いました。

叩いた側の親が、叩かれた側の親の手前、叩きたいのなら、やったらいいでしょうが、それで叩くのをやめるかといったら、効果は期待できないと思います。

 

いいやり方がありました!

SORAは、これをやっただけで、全く叩かなくなりました。

回数にして5回ほど。日にちにして、ものの3日です。

これまで、SORAが友達を叩きつづけて、悩んでいた期間は2ヶ月ほど。(この間、程度の波はありましたが。)

 

効果があったのは、 「叩いたら即、お友達から離す。」 という、シンプルなやり方 でした。

SORAの場合、お友達と遊べるのが嬉しくて叩いてしまうという傾向が強かったこともあり、 「お友達と離される」 ということが耐えがたい辛さだったようで、効果がテキメンでした。

 

子供が嫌がれば、

 

「叩いたらもう遊べないんだよ!」

 

と繰り返します。

 

「叩かないで仲良く遊べる? 約束できる?」

 

と約束をして、私の場合は、約5分後に元の場所に戻しました。

(のちに、本「ハッピーアドバイス」で読んだ内容によれば、時間は 「年齢と同じくらい」 が適当なようです。3才なら3分が目安。)

また、たとえ偶然でも叩かないでいられたとき、

 

「叩かないで仲良く遊べたね。 えらかったネ☆」

 

と褒めることも、並行してやりました。

参考にしたのは、こちらのブログ記事です。(はなこ様、どうもありがとうございました☆)

こちらをクリック☆

 

叩いたりと、手が多く出る子は、もともと 「人と関わりたい」 という気持ちの強い子で、手を多く出した分 「それ」 に対する人からの反応を多く受けているわけで、将来、人との距離間をうまくとれる人になるという専門家の話もあります。

叩いてしまい悩んでいる側の親御さんが、安心するような書き方を敢えてするとすれば、 「子犬どうしがじゃれあって ‘ 噛みつき遊び ’ をする」 のに似たようなものではないでしょうか。

( 子犬の噛みつきも、最初のうちは加減ができないので、相当、痛いものですが、だんだんと加減ができるようになり、上手にお友達と遊べるワンちゃんになっていきます。)

シツケができていないとか、必ずしもそういった 「原因のある」 特別なものではなく、誰しもが通るかもしれない道なんだと思います。 「しつけ不要」 という意味ではありませんが。

運悪く?叩くようなことになってしまったら、私は、 「タイムアウト」 を使ったシツケを、即行うことをお勧めします。

私自身が、 「我が子がお友達を叩いてしまう」 ことで、当時、かなり凹んで悩んだので、敢えてこういう言葉 (子犬どうしが~) を使わせていただきました。

いつかおさまりますから、安心してください(^ー^)

 

 

egao.gif
 

 

 

(追記:2011/08/29)

「叩くことで、叩くことが悪いということを教えることはできない」 これは、多くの育児本に書かれていることです。

育児本 『忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス』 にも、この点については書かれています。

もしも、 「パパに一言申したいが、自分の言葉でうまく伝えることができない。。。」 と思っている人がいたら、この本 『忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス』 をパパに読んでもらっては?

 

 

 

 

 

 

わたしは、この本のタイトルも気に入っています♪

「忙しいパパのための」 という言葉から、「いつもお仕事を頑張っているパパ。忙しいだろうけど、この本、ちょっと読んでみて」という、パパへの敬意が感じられます (*´ω`*)

四コマ漫画で説明されているので、忙しい中でも、さらっと読んでもらいやすいかと思います。

 

この本では 「タイムアウト」 という、体罰に頼らないペナルティの方法があることに(少しだけ)触れていますが、上記で私が紹介した方法も、 「タイムアウト」 にあたる方法だと思います。

 

「タイムアウトとは、警告しても許しがたい行動を続けたとき、決まった時間 (一般的には年齢と同じ時間。3才なら3分) だけ、決まった場所にいさせること。」

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

< 叩くことについて >

「暴力はいけません」 と教えていながら、暴力で争いを解決する方法を教えているのと結果は同じことです。

子どもは、相手が間違っていると思ったら、叩きに行きます。

その結果、手を出すことが多くなります。

体罰でなくてもしつけは可能です。

『忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス』 より抜粋

 

gochin.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 



ページの先頭へ