最近、格闘家の那須川天心君が、頑張っています。

彼の「挑戦する姿」は、沢山の人達に勇気を与えています。

 

 

天心君には沢山のファンが付いていますが… 何故か、アンチもまた、つきまとってきますね~。

当たる光が強いぶんだけ(人気があるぶんだけ)、影も濃くおちるのでしょうか…

 

 

試合の後には決まって、色んな人から色んなことを言われるものですが… (他の選手でもそうですが)

これからも、自分の信じる道を真っ直ぐに進んでいってもらいたいものです。ポジティブに。

 

 

若いっていいなあ~☆と、天心君を見ていると思います。

キラッキラしている!

これから格闘家としてどんな成長を遂げていくのか、楽しみだし、これからも沢山の人達に勇気を与え続けてほしいです(^-^)

 

 

人は、大人になるにつれて、守るものが出来てきて(プライドとか体力面も含めて)、段々と態勢が守りに入っていく傾向があるように思います。一般的に。

若い頃はあんなに夢でいっぱいだったのに。

「なんだってできるような気がする!」若い頃を過ぎてしまうと、いつしか、「ここまで」と、自分にリミッターを付してしまうようになる…

(実際、リミッターは必要なものです。自分自身が壊れないようにするために。)

 

 

天心君の魅力ってなんだろう?って、1ファンとして考えたときに、「なんだってできるような気がする!」輝きを、今まさに放っているさなかにあることも1つにあると思います。

ボクシングに転向するか?MMAは? 才能があって、進路も大きく開かれています。

今の天心君の、そうした魅力は強烈で、オジさんや私みたいなオバちゃんには、眩しすぎるほど!

「彼なら何かやってくれるんじゃないか!?」って、計り知れない可能性も感じてしまいます。

 

 

でもこれが、例えば、1つ2つと失敗を踏むことで、きっと少しずつ態勢は守りに入っていくんだろうなぁ… なんて思ってしまったりもします。

その一方で、今回のメイウェザー戦については、体重差が大きく、危険も伴う試合だったので、今後は、あまり無茶して欲しくないなぁ… という気持ちもあります。

「若さ」や「無敗」といった魅力は、いつまでも続くものではないけれど、天心君には他の魅力も多くあります☆

だから、これから先どう人を魅せる存在になっていくのか、少しずつ変わってもいくのでしょうが、色が褪せてしまうことは決してないはず。

天心君のことが、これからも楽しみです(^-^) 目が離せません。

 

 

私が好きなお話に、「ろばを売りに行く親子」というイソップ寓話があります。

 

 

「ろばを売りに行く親子」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%8D%E3%81%B0%E3%82%92%E5%A3%B2%E3%82%8A%E3%81%AB%E8%A1%8C%E3%81%8F%E8%A6%AA%E5%AD%90

 

 

ろばを売りに行く親子

 

 

 

「まわりからどんなことを言われようと、自分の信じた道を行けばいいんだ」って、私自身が若い頃に救われた、お話の1つです。

 

 

現代のネット社会では、匿名性が高いので、色んな人が色んなことを言ってきます。好き放題に。

でも、そうした言葉に耳を貸すことはあっても、人目を気にしてやりたい事をやめるようなマネは、間違ってもするべきでないと思います。

 

 

自分の信じた道を行けばいいんだと思います。

私は、自分の子供にも、このことは必ず伝えたいですね(^-^)