「起業」タグの記事一覧

魔の川・死の谷・ダーウィンの海 ← 何のこと?(′ェ`)

1592PV

在宅ワーク・起業

私は、今の事業を始めよう☆ と思いたった時から、いくつかの扉を開けてきました。

 

扉が開いた時には、「よし、スタートラインに立てた!」と、ちょっと開けたような気分になったりもしました。

特に、「一番最初の扉」が開いた時の気分といったらもう、そのまま一気にゴールまで行ける!と思うほどでした。(浅い…)

 

でも、しばらく進んでいくと深い霧が… そして高い壁があって… 真っ暗な中、「開くところはどこ?」と、手探りでの扉探し。そして扉が開いた時、「よし、スタートラインに立てた!」と、また開けたような気分に。

 

でも、しばらく進んでいくとまた深い霧…

またじゃないか…

扉を何度か開けるうちに、私は、

「あれ、またスタートラインじゃないか… スタートラインに立つの何度目だったかな…」

だんだん、スタートラインが何本もあるような? そして、どこまで続くかもわからないような? ちょっと変な感覚になったりもしました。

ここに来るまでに、私には、たくさんのクリアしなければならない壁があったのです。

 

今日、たまたま、直近で開催されるセミナーの案内文を見ていたら、下のような文章があったのですが、文に含まれる聞きなれないワードに、私、ちょっとビックリ(@_@)

 

「研究シーズを製品化するまでの「死の谷」や製品化から事業化までの「ダーウィンの海」を乗り切る ~ (続く) ~」

 

「死の谷」? 「ダーウィンの海」?

死って… 何ごと??

意味がわからず、google検索… カタカタカタ (′ェ`)

 

そして、こういう事だということがわかりました!

 

---------------------------------

「魔の川」 とは

一つの研究開発プロジェクトが基礎的な研究から出発して、製品化を目指す開発段階へと進めるかどうかの関門。

この関門を乗り越えられずに、単に研究で終わって終結を迎えるプロジェクトも多い。

 

「死の谷」 とは

開発段階へと進んだプロジェクトが、事業化段階へ進めるかどうかの関門。

事業化するということは、それまでの開発段階と比べて資源投入の規模は一ケタ以上大きくなることが多い。

たとえば、生産ライ ンの確保や流通チャネルの用意である。だから、死の谷は深いのが当然である。

 

「ダーウィンの海」 とは

事業化されて市場に出された製品やサービスが、他企業との競争や真の顧客の受容という荒波にもまれる関門。

ここで、事業化したプロジェクトの企業と しての成否が具体的に決まる。

---------------------------------

 

これらは、イノベーション経営を阻む三つの関門なのだそうです。

私は、これを知って、ストーンとなにか腑に落ちた気がしました。

私が扉を開けると引いてあった、「スタートライン」のこと。

ちょっと頭が整理されたような気がしました。

大きくは、この3つだそうです。扉(関門)は。

それにしても、重たいネーミングだなあ…

命がけで臨めよ!といった感じ。

関門突破には、覚悟が必要そうですね。こわいこわい。

 

今抱えている問題を整理しなおしてみよう!とあらためて思いました。

先は長そうだが、頑張って進んでいこう☆ (^-^)

 


中国広州の生地市場について [カルチャーショック!]

1412PV

共栄生活

実はいま、中国縫製工場に、製品の製作をお願いしようとしているんですが、ちょっと小話。(大話?)

先日、生地の調達~縫製~検品まで現地で全部やってくださっている会社(日本にある仲介会社)から、

「スワッチにて選んでいただいた生地を購入しようとしたところ、もう既に生産されていないということがわかりました」

と連絡がきました。

 

え。。。 なぜに??

 

その時点で完全にアタマの中は?で埋め尽くされましたが、さらには、

「スワッチ再収集ご希望の場合、人件費・交通費・送料などの経費がかかってきます。 ご了承ください。」 とサラリ。。。

 

え、え~! なぜに~~!?

 

スワッチを私が受け取ってから1ヶ月ちょっと (スワッチ配布からは2ヶ月だそう)で、自ら配布したスワッチの生産を打ち切る。しかもそれを取引先に伝えない。それでいて何の保障もないのか?? (発生するスワッチ再収集にかかる費用は、私持ち)
ありえないだろ、その生地メーカー!
私の不満は、仲介会社を飛び越えて生地メーカーへ一直線!
おかしいだろ! プンプン!!

すぐにその、「生地メーカーへの不満」 を仲介会社へ伝えると、下のようなメールが送られてきました。
それを見てビックリ。

 

↓↓ そのメール ↓↓

『 生地収集につきまして、説明が不足しておりました事、誠に申し訳ございません。

中国での生地市場に関しましてご説明させて頂きます。

全てに起きまして日本で想像されます取引イメージとは全く異なっております。

 

 

中国生地市場

中国生地市場

中国生地市場

中国生地市場
 

 

添付写真のような広大な生地市場が広州市内に幾つもございます。
店頭はスワッチだけが並び、誰でもが簡単に収集出来る状況です。

たくさんございます生地市場から、この場所を選び、その場所にたくさんございます建物の中より、このビルを選び、そのビルの中より、ご依頼の素材を探しながら収集しております。
弊社と特別の取り引きがある生地会社は特にございません。

写真のように、スワッチのみの生地会社の集まりです。
生地会社が無くなったり、扱う商品が変わったり場所が変わったりする事は、中国では日常茶飯事です。
特に生地会社がという訳ではなく、成長著しい中国ではどの分野も同様で、より儲けのある商売へと人も会社も変化しております。

このような現状が中国です。
上記に記しました内容にて、ご理解頂きたいと思います。』

 

。。。。。。(゜。゜)

この歳まで知らなかった中国市場の実状。。。
カルチャーショックだ~ΣΣ┏(_□_:)┓iii

ということで。。。
中国のこの仕組みでは、今回のようなことはあって仕方のないことだったようです、 ハイ。
中国生産におけるリスクとして受け止めるほかないようです、 ハイ。
成長著しい中国の市場では、このような仕組みが効率的で、適しているんですね。
勉強になりました。
しかし、リスクがあることを知っても、やはり、日本の縫製工場には頼めない。(高いから)
生地スワッチ再収集にかかる、人件費・交通費・送料などの経費も、中国でなら安いものです。
さっきまでの生地メーカーへの 「うぉりゃー!」 的な不満も、この市場の実情を知った後では、

 

「あ、すみませんでした。 これからもよろしくお願いしまーす✩」

 

的に、ちーーさくすぼまってしまいました。

中国のこういう大きな市場のやりとりの中では、個人の小さな 「この生地がいいです」 なんていう願望などは、呆気なくかき消されるようです。
大きな音の中で小さな音なんて全然聞こえないのと同じように。
「その生地」 が欲しいのなら、手に出来るまで自分で探しまわるしかない。
それが中国のようです。

日本国内での取引きでは、何かとすぐに、クレームだの保障だの返品だの返金だの、そういう話になりますよね。
日本には、個人の願望が最大限尊重される環境が整っているのだと思います。
消費者側も、尊重されて当たり前だと思っています。

土地が大きく人口も多い中国の人達は、個人の尊重が難しい環境で生きているからこそ、大きな声でハッキリとものを言うのかもしれません。
日本人は、そうじゃないですよね。
察してもらえるのを待っているような。。。
まぁ、日本だと、大抵のことは察してもらえますよね。
察することができない方がおかしい、「あのひとKYだなぁ」みたいな( ^^;)

中国での生産は日本よりも安く済みます。
リスクもありますが、小さな事業者は、国外からスタートするのもいいのではないでしょうか?
私は、日本の縫製工場で見積もりをとって、工場への生産依頼を諦めかけたことがあります。 (あまりに高かったので)
でも、中国の縫製工場を知って、前に進む勇気を得ました。
私は、ここからスタートしよう!と思いました。

頑張ります (^^)/

 


クラウドソーシング [ランサーズ(Lancers)] 外注

627PV

お役立ち情報 (ネット関連)

「クラウドソーシング」 というサービス、便利そうですね!
2008年に日本で最初に誕生したクラウドソーシングサイト 「ランサーズ」 では、すでに70億円以上 (2013年5月現在) の仕事が動いているそう。

個人でも法人でも、安全かつ気軽に利用可能。
コンペもできる。

フリーランスが多数在籍!
デザイナー、エンジニア、プログラマ、ライターなど、さまざまなジャンルのプロが集結。

実績や評価、セキュリティなどあらゆる視点から、仕事をする人の信頼度をチェック。
それをもとに 5段階で公正にランク付け
世界標準テスト等を通じて、スキルレベルを図る仕組みも用意。
安心して、登録者に仕事を依頼できます。

気に入ったフリーランサーには直接指名もできる。
お支払いは仕事完了時のみ

ランサーズでは、エスクローサービスを用意。
エスクローサービスとは、仕事の報酬を仕事を行う前に、ランサーズがお預かりして、仕事が完了した段階で、ランサーズからランサーに報酬が支払われる仕組みです。
仕事をしたのにお金が払ってもらえない、お金を払ったのに仕事がされないといったトラブルを防止できます。

個人との仕事は、企業間と比較して、圧倒的なコスト抑制が可能。
高いコストパフォーマンスで利用満足度98%を実現。
TVや新聞にも取り上げられるほどの注目を集めており、官公庁や大手企業も継続利用中。

利用者の質問に応えるため、ランサーズでは 万全のサポート体制 を完備。
お問い合わせには、専任のサポートスタッフが個別にご対応。
「よくある質問」 コンテンツも充実。

ランサーズ

http://www.lancers.jp/

便利そうなサービスですねー。
外注ってどうやるんだろう? 費用が高そうだな。。。 実際に仕事をしてくれる人のスキルも把握しにくく不安。。。
外注に対してlそんな印象でしたが、ランサーズなら、手軽な印象です(^^)
私も今後、機会があれば使ってみたいナ

[個別ページへ]



ページの先頭へ